初めて利用した出会い系サイトでの思い出

初めて出会い系サイトを利用したのは専門学校生の頃

私が初めて出会い系サイトを利用したのは専門学校に通っていた頃でした。
これからの進路で悩んでいて就職をするか、専門的分野を更に学ぶかの選択を迫られている時でした。
息抜きに誰かに話を聞いてもらいたいという、不純な動機で登録を行いました。
意外と登録をしたら、男性からメッセージが届くと思っていたのですが全然連絡がなくて少しショックを受けたのを今も覚えています。
登録をした当日に、特に気になる男性と遭遇する事もないまま一日が過ぎて、翌朝パソコンを見て見ると一通のメールが届いていました。
内容を確認してみると、私と同い年の男性で専門学校に通っている人でした。
住んでいる場所も隣の県で近かったので私はすぐに返事を返しました。
すると、中々返事が来ない日が続き、あの連絡は何だったのだろうと疑問の日々が過ぎていきました。
一週間が経過した頃に再び連絡があり、私と同じように専門分野を学んで毎日頑張っている事が書かれた真面目そうな長文メールが届きました。
連絡頻度こそ高くなくて、自分の目標があるその男性の様子にとても惹かれました。
顔も知らず、声も知らない相手なのに自分でも驚きです。
返信を送り次の返信を待っていると、男性から通話の誘いを受けたので、思い切って電話をして見る事にしました。
当時はスマホはなく、ガラケーの世代で無料通話もない時代でした。

私のまわりでも、出会い系でパパ活してる子多いです^ ^

— ayu@裏垢 (@ayu91781899) June 15, 2020

初めて出会い系サイトを利用したのは専門学校生の頃彼とは気付いた瞬間には終わっていました出会い系アプリに不信感を持たずに登録して欲しい